歯科矯正で健康になる

歯科矯正の必要性

法律改正

矯正の必要性とは何でしょう

歯並びが悪いだけでなく、噛み合わせが悪い場合は、矯正をおすすめします。食べ物が歯に挟まりやすく、歯磨きの磨き残しが出やすいので、虫歯のリスクが増えます。成長期の骨格の発達にも影響がでる場合があります。施術は、今日して明日治るものではありませんので、計画的に行うことが肝心です。矯正器具のブラケットも目立たない物がありますし、状態によっては内側からブラケットをはめる方法もありますので、歯科に相談することをおすすめします。

歯医者の使い方を変えましょう

欧米に比べて日本人の虫歯の本数が2倍以上多いのことの最大の原因は、日本の保険制度にあります。日本の保険制度では「虫歯を削ってつめる」ことにしか保険を認められていなかったため、歯医者は虫歯で痛くなったら行くところという意識がついてしまったのです。今でも保険適用の予防歯科の場合、原則3ヶ月以上の間隔を空けることが必要です。いち早く欧米並にするためには3ヶ月未満であっても保険が適用される歯医者での定期メンテナンス制度をつくることが必要です。

↑PAGE TOP