肥満以外も肝機能障害に

肝機能障害の原因とは

法律改正

肝機能障害を防ぐには

肝機能障害は生活習慣や薬の副作用によって生じる症状であり、肥満やアルコール摂取量との関連性が高いとされています。一般的には血液検査を行う事である程度の判断ができる為、可能性が想定される状況では検査を継続して受けておくと安心です。薬の副作用として引き起こされる場合は薬物性肝障害と呼ばれ、主に抗生物質や漢方薬などの使用が原因となるので、医師と相談しつつ使用量の調整を行う必要があります。また、食生活や飲酒が原因となる状況では、根本的な生活習慣の改善で肝機能障害を治療するのが望ましいといえます。

↑PAGE TOP